インフルエンザと合併症

インフルエンザで怖いのは合併症です。
インフルエンザがひどくなると
命の危険もあるかという話になりますね。


結論から申し上げますと、
普通のインフルエンザ自体が原因で命を落とすことはありません。
問題になるのは
インフルエンザに感染しているときの二次的な合併症などです。


特に冬場になってインフルエンザの話題が増えてくると
高齢者が亡くなったというニュースを聞くことがあります。
これは高齢者が健康な成人に比べて免疫力が低下していたり、
体力が落ちていたりすると
インフルエンザに感染した際に
肺炎などの合併症にかかってしまうことが多いからなのです。
肺炎はちゃんと治療しないと死亡することもありますからね。


もしインフルエンザに感染したら
安静にして栄養と睡眠をたっぷりと採ることです。


その際に水分補給をしっかりとして下さい。


それと、ウイルスというのは乾燥したところを好みますので
加湿器などを使って部屋自体の湿度を高くしてあげましょう。


続いて子供の場合です。


子供の合併症でとても心配なのは
インフルエンザ脳症といわれているものです。


症状としては急な高熱、さらに痙攣や昏睡状態になり
最悪なくなってしまうこともあります。


ウイルスに感染した子供が
なぜ急性脳症を起こすのかはまだ分かっていません。
このインフルエンザ脳症については
別で詳しく説明したいと思いますのでそちらをご覧ください。



以上より言えることは、
インフルエンザに感染しても
基本的にはソレ自体で亡くなることはありません。
怖いのは肺炎や脳症といった合併症なんですね。


ですから、もし感染してしまったときは
無理をしないで安静にしましょう。
水分補給をちゃんとして睡眠をとれば
3〜7日で治ることが多いです。


しかし、1週間経っても高熱が続くようでしたら
医師に相談して合併症を起こしていないか
きちんと調べてもらいましょう。


ただ、新型インフルエンザにつきましては
死者が出ているとの報告があっています。
外出の際は、マスクの着用を心がけましょう。



スポンサード リンク

インフルエンザとは?
インフルエンザと風邪の違い
インフルエンザの流行
インフルエンザと合併症
インフルエンザとワクチン
インフルエンザとワクチン
インフルエンザと高熱
インフルエンザと高熱
インフルエンザ脳症とは?
インフルエンザ脳症

スポンサード リンク