インフルエンザと風邪の違い

インフルエンザに罹った時と、風邪をひいた時と
よくわからないと言われる方が多いようです。
インフルエンザって風邪とは違うのでしょうか?
違うとしたら、何が違うのでしょうか?


毎年のように冬になるとインフルエンザの話題が
ニュースや雑誌で大きく取り上げられますよね。
ここまで大きく話題になると
インフルエンザはかなり怖くて、
感染力も強そうなイメージになっていると思います。


しかし、インフルエンザもごく普通の風邪と変わりはないのです。


インフルエンザのよく見られる症状としては
喉の痛みや鼻水、くしゃみなどがあります。
これらは鼻から喉にかけて炎症が原因で起こる症状です。


この炎症の原因となるのは
ウイルスや細菌が体に入ってきて感染してしまうからで、
そのウイルスや細菌を体にとっては
異物だと判断して起こるのが炎症で、
免疫の一つといえますね。


風邪と一口で言っても細かく分類すると
200種類以上のウイルスが原因といわれています。
インフルエンザウイルスもその中の一種類なのです。


インフルエンザのようなウイルスが原因の感染症の大事な基礎知識として

・感染症というのは、全部が人に感染するわけではありません
・感染しても重い症状になる人とならない人がいます


これらは感染した人の免疫力や体調にも大きく起因しますので
一概には言えません。
インフルエンザのウイルスに感染しても
鼻水とくしゃみ程度の人もいれば、
こじらせて肺炎にまでなってしまう人もいます。


ですので、
インフルエンザは怖いものだと思いこむのではなくて、
理解してから対策を取りましょう。


但し、新型のインフルエンザにつきましては
ワクチンなどの供給が間に合っていませんので
要注意になります。


マスクなどをして自己管理に努めましょう。


スポンサード リンク

インフルエンザとは?
インフルエンザと風邪の違い
インフルエンザの流行
インフルエンザと合併症
インフルエンザとワクチン
インフルエンザとワクチン
インフルエンザと高熱
インフルエンザと高熱
インフルエンザ脳症とは?
インフルエンザ脳症

スポンサード リンク